カテゴリ:ラン( 8 )

ヨロイヅカへの道

c0266456_21555291.jpg

湯河原で仕事があったので、その帰りに寄ってきました、小田原一夜城へ続く激坂へ。

ああ、ここが地獄への入口だよ・・・


c0266456_2157368.jpg

だいたい、丸ポチが付いている坂はね、三途の川渡るくらいの覚悟がいるね。
全長1.8kmの坂。 前回来た時は、藤沢~小田原まで40キロ走った後でのことだったので
途中、歩いちゃったんだよねぇ・・・。んだから、今回の目標は走り切る!ってことで。


c0266456_2204698.jpg

景色はホントいい。 振り返れば小田原の街と相模湾がぶわんと開けているけどね。
ああ、きつい。まぢ、きつい。


c0266456_2202138.jpg

何度か危ない場面もありながら、なんとか登り切りまちた。


c0266456_2241346.jpg

これが、今回のエサで♪ 地場産のレモンタルト。


c0266456_2235245.jpg

山の上に、ヨロイヅカファームがあるんです。 外のテラスでスイーツが食べられるってことでね。
あー、これがなきゃ、走らないって。


c0266456_2261225.jpg

ここからの眺めも最高で、はぁー、気持ちが良かった♪ 
風も快適で、頑張った甲斐ありました。
[PR]
by hashirako | 2014-05-11 22:10 | ラン

その一秒をけずりだせ 箱根駅伝観戦

c0266456_2312621.jpg

今年も、ラン仲間と走って箱根駅伝応援ランしてきました♪

2区の中継所の鶴見からスタートして、権太坂の手前で観戦。

続きに行く前に・・・


c0266456_23141415.jpg

往路優勝校の東洋大。

うん? 腕に何か書いてある・・・・ 

その一秒を・・・? なんだ?

調べてみると、「その一秒をけずりだせ」でした。

これは、東洋大の陸上競技部のスローガンなんだって。 へぇー。 けずりだせっていうフレーズがすごいなぁー。


c0266456_23155841.jpg

現れたーっと思ったら、あっという間に駆け抜けていっちゃいます。


c0266456_23173643.jpg

ホント、みんな、いい脚してるわー。 脚に惚れ惚れしちゃうね。


c0266456_23192450.jpg

2区は、あまり差が開かない区間だけど、今年はかなり差がありました。

さぁ、明日の復路はどうなるんでしょ?

駒澤、早稲田あたりがどう巻き返してくるのか、楽しみ楽しみ♪

みんな、頑張ってねー。
[PR]
by hashirako | 2014-01-02 23:22 | ラン

東海道茶摘みラン 蓬莱橋とお茶畑

c0266456_204129.jpg

さて、東海道を外れて、(って、終始かなり外れっぱなしだったけど)

やっぱりここはおさえておかなきゃと、蓬莱橋に行きました。


c0266456_20423933.jpg

ここは静岡県島田市の大井川に架けられた世界一長い木造歩道橋で、全長は897メートルもあるんです。
橋なんだけど、農道扱いなんだって。

人がたくさんだったなぁ・・・。  橋上を行くにつれ、Uターンする人が多くなるから、どんどん人が減っていくんだけどね。


c0266456_2048273.jpg

これを対岸まで渡り、そこから金谷宿を目指します。  えっと、東海道じゃないんだけどね・・・。


c0266456_20513193.jpg

丘の上は、、わー、すごい! これぞ静岡って感じで、一面、お茶畑が広がってました。


c0266456_2054161.jpg

お茶畑って、すごく日照が良いところにあるんですよね・・・・

えっと、つまりは、日陰がなくて、灼熱地獄なんですね・・・・・。

もう、茶畑ゾーンの最後は、ちょっと熱中症気味でした。 この区間が今回のランで一番つらかったなぁ・・・。

で、這う這うの体で、金谷に到着。  さて、ここから最後の峠越えが待ってます。


c0266456_18522659.jpg

が、峠の前に、石畳茶屋で一服。

これが、ホント、至福な時間になりました。


c0266456_1854526.jpg

この『石畳茶屋』は、けっこう大きな古民家風の建物で・・・・ 中も広いんだけども・・・


c0266456_18554887.jpg

なんてたって、縁側が最高♪  涼風が通り抜けます。 晴れてれば、富士山が目の前に見えるんだって。


c0266456_1857598.jpg

大好きなプリンとアイスコーヒーでまどろめば、うんうん、元気復活♪

昔の人もさ、こうして、ここで英気を養ったんだろうね。 ホント、いいところでした。


c0266456_1859619.jpg

茶屋の名前の由来となった石畳みを登っていくと・・・・


c0266456_1901074.jpg

お茶の谷に出会えました。 はぁー、気持ちの良い景色だよねー♪

この後、雨が降り出したので、写真はないんだけど、

今回のコース、何がいいって、途中途中にある製茶工場がふわーんと漂ってくる新茶のいい香り。

フシギなもので、これでリラックスできて、足が軽くなって、何度も救われたなぁ♪


暑くても、楽しい55キロの膝栗毛でした♪
[PR]
by hashirako | 2013-07-03 19:13 | ラン

東海道茶摘みラン ~ 宇津ノ谷と明治のトンネル

c0266456_19494470.jpg

東海道茶摘みラン、前半の見どころ一つが、この宇津ノ谷の街並み。

昔の宿場町の風情を残す小さな谷あいの集落です。 こういうところを走るのって、ホント、楽しい♪
走れて良かったなぁーって思うひと時ですね。


c0266456_19522048.jpg

家々には、屋号の看板が掲げられているんですね。


c0266456_19582155.jpg

ここの名物が「十団子」  張り紙がカワユイ♪  スルガエレガントってナニ?????


c0266456_2004731.jpg

こんなのね♪  えっと、味はフツー・・・・かな・・・  でも、旅の行動食にちょうどいいかも♪


c0266456_19545393.jpg

こっちのイラストもカワユス♪


c0266456_2024859.jpg

こうして地元のおばあちゃんと話すのも、旅の楽しさの一つだよね~。


c0266456_2044816.jpg

集落の奥にまた、魅惑的な階段があるんですよね~♪  萌え萌えっす♪


c0266456_2092574.jpg

階段の上からは、宇津ノ谷の街並みが一望できるんです。 ほんと、谷の街だよね。


c0266456_2010204.jpg

ここから、東海道を外れて、明治のトンネルをいくことに。  雰囲気あるでしょ?


c0266456_2012165.jpg

レンガ張りが、カッコイイ♪

このあたりから、太陽が高くなってきて、気温があがってきました。

うぅ、あちーー。  灼熱の後半へ続く♪
[PR]
by hashirako | 2013-06-29 20:14 | ラン

東海道茶摘みラン ~ 知らない街をゆくのは、こんなにも楽しいことなのら

東海道を走る。

僕は、日本橋から箱根の山を越えて、静岡に入り、由比あたりでストップしたままで、そろそろ3年くらい経つ。

あららー、実は、その先の丸子宿から掛川宿がいーんだって言われ、久しぶりに東海道に戻ってきました♪


c0266456_20382078.jpg

といっても、まぁ、正確にトレースしなくても、だいたい行けば、いーの。

旅は、気ままにが一番。 で、街道沿いから、ふと横を見ると、あら、なんだか、良さげな川沿いの道発見♪

んじゃ、こっちいきましょ!


c0266456_20434424.jpg

いーねー、この道♪  梅雨の晴れ間の空がカッコイイ。 やっぱり、旅の最高のお供は、靑空だね~♪


c0266456_20455916.jpg

夏の花のノウゼンカズラがもう咲いてます♪  たしかに、日差しがもう夏だわ~。


c0266456_2047081.jpg

だから、道端に生えているヤマモモ食べたり・・・・


c0266456_20491983.jpg

ビワで喉を潤します。  ホント、今回、ビワはよく食べたわ~♪


c0266456_2050303.jpg

途中、とろろ汁で有名な、丁子屋さんに寄るものの、まだ、オープン前でした・・・・

むーん、残念!


c0266456_20521110.jpg

街中を走っていると、歩道のてすりに、柄杓が等間隔で設置してあるのね。  これ、何に使うんだろうね・・・・?


c0266456_20544392.jpg

下の水路から、水をすくってお花にあげるためのモノでした~♪

東海道って、特に何かものスゴイ景色やアトラクションがあるわけじゃないのね。

地味ーな道田舎道を行くといえば、その通りなんです。

それで楽しいかと言われれば、楽しいの。

歴史の名残だけじゃなくて、そこに広がる現在の暮らしや人との出会いを楽しめるかどうかだねー。

まー、つまり、手短に言うと、街中の柄杓に萌えれば、OKってこと♪


c0266456_2133476.jpg

静岡といえば、やっぱり、しぞーかおでん!

これは、今回、外せません!

夏日の中のランで、失われていく水分と塩分をチャージするのに、最適でしょ!


c0266456_2162153.jpg

黒はんぺんに、モツね。 イリコと青のりふりかけて、甘みそをちょいとつけて、頬張れば、うーん、まいう~♪

はぁー、元気になった。 こうして、要所要所でリセットできるから楽しいわ。


さて、こっから、最初の峠の宇津ノ谷峠!

いきまっせ~。 つづく♪
[PR]
by hashirako | 2013-06-24 21:09 | ラン

春色スナップ 里山編

子どものとき、「ほら、こんなイイ天気なのに、家でゴロゴロしてないの!」

って言われませんでした?

どうして、若い時は、あんなに時間を無駄に使ってたんだろうねー。 って時間を浪費しなきゃ若者じゃないんだろうけど。


でね、GWの前半戦、天気予報にこれだけ晴れマークが並んじゃねー、行かないわけいかないっしょ。

言われなくても、お外に行きますよ~~ ってことで、走ってきましたよん♪

c0266456_1943313.jpg

まずは、二宮の吾妻山公園に。 相模湾沿いの数あるオーシャンビューポイントの中でも、ここはピカイチにいいね。


c0266456_1922463.jpg

なんたって、ここの芝生とシンボルツリーのエノキは、文句なしの最強の組み合わせでしょ。

ローアングルは、かくあるべしだね♪  みなさん、恥ずかしがらずに、真似しましょう。


c0266456_19513274.jpg

もちろん、名物の長いローラー滑り台にも、乗りました!

大人は1回100円。  けっこうスピードが出ます。 わはは、楽しいわ。

c0266456_2011634.jpg

公園の新緑もキレイだった~♪

c0266456_2064921.jpg

一度、街に下りて、今度は、こんな木漏れ日フェチにはたまらない農道をあがっていくと・・・・


c0266456_2075119.jpg

広がる里山の風景と富士山に出会えます♪


c0266456_20112542.jpg

さらに、泣きが入る激坂を上っていくと・・・・


c0266456_20132879.jpg

二宮の街を一望できるポイントに辿りついちゃったり♪  ちょうど、バビューンと新幹線まできちゃった。わはは。


c0266456_20173935.jpg

こんな、なんてことない里山の景色の中を走るのって、ホント、気持ちいい♪  すごくリラックスできるよね。

畑仕事をしていたオジサマが、ほら、この頭上の山藤を見たか?と聞いてくる。


c0266456_20224995.jpg

おお、これかこれか。 他の樹木に絡みつくように上へ上へと成長していったんだねー。 すごいわ。


c0266456_2028396.jpg

やっぱり、きれいだね~。

ここから、レイクウッドゴルフコースの端を通って、関東ふれあいの道に合流。  鷹取山を通るトレイルをいきます。


c0266456_20415089.jpg

これは、カゴノキ。 「鹿子の木」と書くとわかりやすいかも。

幹がさ、子鹿のような斑点模様でしょ?  カワユスです。


c0266456_20474284.jpg

で、先日も訪れた、大磯の城山公園の城山庵へ。  今回は、外で、抹茶と生菓子をいただきました。

このあたりから、先日の富士五湖100キロで痛めた足の調子がわるくなってきて・・・・ うーーん、ちょっとキツイな・・・・

このあと予定していた湘南平は、カットし、海沿いを一路、ひらつかビーチパークまで。


c0266456_20541858.jpg

シャワーを浴びて、潮風にあたりながら、外で飲むビールの美味しいこと♪

気持ちの良い海での時間を過ごしたわけですが、それは、また、別のお話で♪
[PR]
by hashirako | 2013-04-30 20:57 | ラン

春の雪と富士五湖ウルトラ

昨日、『第23回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン』に出てきました。

ウルトラ? マン? じゃなくて、マラソン?

えっとですね、42.195キロ以上を走るマラソンのことが、ざっくり「ウルトラマラソン」と呼ばれてまして、100キロがだいたいスタンダードな距離です。

はっきりいって、体に悪いです。 奇特なスポーツです。

この富士五湖のウルトラマラソンは、北麓公園をスタートし富士五湖を走る大会で、112キロと100キロと72キロの3つのコースに分かれています。

富士五湖といっても、実際5湖を回るのは、112キロコースで、100キロだと富士4湖、72キロは富士3湖になるんですねー。

で、今年、エントリーしたのは、100キロコース。去年、112キロにしたんで、今年は、スタンダードに戻しました♪


c0266456_20304248.jpg

また、奇特なことに、スタートが朝の5時なんです。 なので、前泊です。

その前泊の夕方から、なんと雨は夕方過ぎから雪へと変わってしまいました・・・

c0266456_2014436.jpg

正面のバンガローが可愛く撮れて、満足♪

--------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、レース。

寒いを通り越して、凍てついた中でのレース。 今まで出た中で一番きついレースとなりました。

降り続く氷雨に、キンキンに冷えた水たまり。 
普通、走っているうちに、カラダが温まってくるものですが、それもなく、レース中、ずっと寒くて寒くて・・・
足は、固まって、動かなくなるし、ひたすら我慢の時間でした。

c0266456_20432071.jpg

この富士山型の完走メダルを首にかけてもらって、達成感というより、地獄から解放された安堵感のほうが強かったなぁ。

ふぅ~・・・・。 よぉ、あきらめずに我慢したなぁ・・・オレ。

まだ、ぐったり中です。 
[PR]
by hashirako | 2013-04-22 20:48 | ラン

伊豆トレイルジャーニー

伊豆トレイルジャーニーのコースの後半部、二本杉峠~達磨山レストハウスまで、走ってきました♪

クマササの丘を越えて越えて、富士山を目指します。

続きに行く前に・・・

ここは、風が無くて、天気が良ければサイコーですね。 って、風が無くて、天気が良かったから、さいこーだったんですけどね~♪  わはは。

てことで、写真は順番に並んでないけど、コースの中で一番気持ち良かった、仁科峠あたりから達磨山あたりまでのショットです。

レースでも、ここはがっつり走りたいなぁ・・・・。 制限時間がきついから、どうだろ・・・?

前半、突っ込まず、でも、それなりのペースで進んで、後半おりゃ!って走って、最後は、我慢&根性っすね。

楽しんで! 頑張って! 自分! だね♪

c0266456_17373089.jpg


c0266456_17385396.jpg


c0266456_17394673.jpg


c0266456_17403940.jpg


c0266456_17472049.jpg


c0266456_1910612.jpg


c0266456_1748750.jpg


c0266456_1846925.jpg


c0266456_17492184.jpg


c0266456_1752183.jpg


c0266456_19124753.jpg


c0266456_18241822.jpg


c0266456_1820512.jpg


c0266456_17534091.jpg


c0266456_1826233.jpg

[PR]
by hashirako | 2013-01-14 18:42 | ラン