秋は夕暮

c0266456_20155817.jpg

秋は、夕暮。

夕日のさして、山の端(は) いと近うなりたるに

烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。


c0266456_2017162.jpg

まいて雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。

c0266456_2017444.jpg

日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。


c0266456_20191738.jpg

1000年経っても、清少納言が枕草子で言ってたことは変わらないよね♪


c0266456_2021317.jpg

ちなみに、wikiに出てた現代語訳は・・・

『秋は、夕暮れの時刻がよい。

夕日が差して、山の端がとても近く見えているところに、からすが寝どころへ帰ろうとして、

三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐ様子さえしみじみとものを感じさせる。

ましてや雁などが連なって飛んでいるのが小さく見えている様は、とても趣深い。

日が沈みきって、風の音、虫の音など、聞こえてくるさまは、完全にいいようがない。』

なんだけど・・・・これが・・・・・


c0266456_20231181.jpg

ネットに落ちてた「語彙力のない枕草子」になると・・・・


『秋も相当パない。

夕方ごろ鳥めっちゃ飛んでる。

びびる。

超すごい。

あと夜もすごい。

虫すごい。』

になるんだと。 わはは。 確かに♪  パないよ♪
[PR]
by hashirako | 2013-09-29 20:27 |
<< 秋色スナップ♪ やっぱりさんまは大船だね 秋の... >>